2019年05月24日

本番 晴れ(15℃)

朝から二日酔いが身体にまとわりついて離れない。
 空が晴れても、心身は曇りのままだ。
FMあばしりの番組で網走音楽祭のPRをアナウンスした。
 公共放送のぶっつけ本番に、頭の中が真っ白になる。
マイクの前であらかじめ用意した原稿が上手く読めない。
 6月2日(日)13時30分開場、14時開演です。

190523-1.jpg
空は晴れても心は暗い
posted by かずさん at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月23日

病院 晴れ(12℃)

親友が逝く前に、二人で飲み歩いたネオン街を彷徨う。
 カラオケの上手なあいつは、いつまでも歌い続ける。
高校を卒業、東京都三鷹市の下宿で多感な時期を過ごした。
 最期の夜に「檀家回りだよ」と称したのが、本当になった。
病に臥した病院から、眠狂四郎異端状の単行本を送ってよこす。
 狂四郎と君が重なり、今も何処かで生きている様な気がする。

190523.jpg
いつものメルヘンの丘
posted by かずさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月22日

行動 晴れ(13℃)

スマホ目覚ましアラームを止めて、また眠る。
 市老連(老人クラブ)のお知らせに目を通す。
自他ともに老人の域に達しても、まだ実感が湧かない。
 先日の強風・砂嵐による、農業被害が深刻だ。
アスパラガスは砂で汚れ、出荷できないという。
 長く生きてると、いろいろな事に出会う。
 

いよいよ公演日が近づく(行動あるのみ)
posted by かずさん at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月21日

留守 晴れのような曇り(16℃)

単身赴任の故郷Uターンが、来月で11年間を終える。
 サラリーマン時代の大阪3年、名古屋3年を合わせても届かない。
学生時代の4年と結婚するまでの3年を加えると13年間になる。
 ひとり暮らしは苦にならないが、炊事、洗濯、掃除が面倒だ。
女房からの電話に起こされる、テレビで網走の砂嵐が放映中だと。
 亭主元気で留守がよい♪

190521.jpg
差し入れのタケノコご飯が有難い
posted by かずさん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月20日

逆境 晴れ(17℃)

強風が畑の砂を巻き上げ、視界がゼロになる。
 冬の吹雪ならホワイトアウトだが、これはブラウンアウトだ。
案の定、道内のあちこちで交通事故が相次ぐ。
 久しぶりに札幌から訪れた母娘と一緒に夕げを楽しむ。
巨人軍と米国メジャーで活躍した上原投手が引退を表明した。
 逆境を乗り越え、21年間の活躍に終止符を打つ。乾杯!

190520.jpg
親友から届いた焼酎(中々)をあける
posted by かずさん at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月19日

道東 晴れ(15℃)

「春カニ合戦」に参加せず、東藻琴芝桜公園へ行く。
 約10ヘクタールの斜面にシバザクラが満開だ。
青空が広がる初夏の陽射しと、花の香りを浴びてきた。
 昨日に続き、オホーツク管内は「夏日」になった。
湧別町のかみゆうべつ公園のチューリップも見頃だという。
 長い冬が明け、道東の花街道に彩がかえってくる。

190519.jpg
二度目のシバザクラ公園
posted by かずさん at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月18日

満月 晴れ(15℃)

満月が東の空から昇り、いつまでも上空に留まる。
 君が逝ってしまってから、初めての満月だよ。
満月の夜は不思議だねと、言いながら二人で飲み明かした。
 人は誰もただひとり振り返る♪帰っておいでよと振り返っても♪
そこにはただ風が吹いているだけ♪
 虚しい人生だが、受け入れるしか術(すべ)がない。

190518.jpg
君が逝ってしまってから、初めての満月だよ
posted by かずさん at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記