2019年03月04日

善意 雪のち晴れ(マイナス6℃)

長生クラブの「おひな祭り会」に参加して戯れる。
 なんだか疲れて、暖炉の傍でうたた寝してしまう。
老兵たちに残された道を共に歩むのは楽しい。
 いつもの温泉の脱衣ロッカーに戻った百円玉を忘れた。
たかが100円されど百円、届けてくれる善意が嬉しい。
 都会にはない故郷の優しさに、今夜も酔う。

190304.jpg
雪が降ってきた後の晴れ
posted by かずさん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月03日

工夫 晴れ(マイナス3℃)

10年前に撮影したビデオテープをDVDに変換した。
 懐かしい動画がテレビ画面に再現される。
撮り溜めた映像や写真がなかなか整理できない。
 JR釧網本線流氷物語号の運行が今日で終わる。
2月2日から3月3日まで、流氷を眺めながら走る列車。
 工夫があれば、鉄路はまだまだ棄てられない。

190303.jpg
止別駅(JR釧網線)で美味しいラーメンを食う
posted by かずさん at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月02日

有利 晴れ(マイナス5℃)

チョット無理をすると身体のどこかがピリッと痛む。
 いくら飲んでも酔えない長い夜がある。
米国と北朝鮮の2回目の歴史的な会談が決裂した。
 米大統領のしたたかさが一枚上なのだろう。
ちゃんと計算し尽されたシナリオ通り物事が進む。
 有利に事を運ぶには、駆け引きが必要だ。

190302.jpg
流氷物語号の車内販売グッズ http://www.yobito.jp
posted by かずさん at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月01日

陽光 晴れ(マイナス3℃)

長らく生きてくると、いろいろな人々に出会う。
 年寄りはさて置き、未来を背負う若者が頼もしい。
流氷物語号に乗車して、観光客と列車の旅をする。
 流氷とけて♪春風吹いて♪ハマナス咲いて♪
沖合で海岸の様子を伺う流氷が陽光を受けて眩しい。
 走馬灯のようにめぐる思い出が心を支える。

DSC00720.JPG
また、流氷物語号に乗車、車内販売する
posted by かずさん at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月28日

死地 晴れ(マイナス6℃)

灯油300リットルを補給、先月より100リットル少ない。
 来月末の給油が終われば春に巡り会えるだろうか。
左眼の視力が、読書意欲を掻き立てるまで回復した。
 ニヒルだが情け深い眠狂四郎を久しぶりに読む。
死地に置かれた時のみ、おのれが生きてる証をみる♪
 古希を過ぎ死地にあるが、狂四郎の真似はできない。

190228.jpg
明日また乗車するJR釧網線を守るボランティア
posted by かずさん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月27日

閉院 晴れ(マイナス5℃)

日中の暖かな陽射しが、夕暮れに弱って消えた。
 折り返し点を過ぎた冬が、ゴールの春を目指す。
市内の青沼医院が来月末で閉院する。
 約40年間、市民の健康を守り続けてきた。
院長(83)は高齢で、診療が続けられないという。
 寂しいが、誰しも「寄る年波に勝てぬ」♪

190227.jpg
わかさぎ釣りで賑わう湖に、もうすぐ春が来る
posted by かずさん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月26日

自問 晴れ(マイナス7℃)

雪が融けて川となって♪流れて行きます♪
 暖かな春の日の様な道を愛車を連れて走る。
川で羽を休める白鳥たちが、春の予感に戸惑う。
 再びめぐる季節に、なんだか身がほころぶ。
40年を超える都会暮らしを終えて今、故郷に居る。
 こんな贅沢に浸りながら自問する

190226.jpg
落陽に、ふと愛車を停める

posted by かずさん at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記