2020年01月23日

時間 晴れ(旭川)

目玉焼きの黄身がナイフとフォークで切り開かれる。
 顕微鏡の青白い光を追い続ける手術が終わった。
858号室(8階)から旭川市内の夜景を眺める。
 まだ外されない眼帯の奥の左眼が少し疼く。
故郷を置き去りにして、また新しい出会いがあった。
 何事もなかったように、残りの時間をやり直そう。

200124.jpg
網走へ向かうJR石北線
posted by かずさん at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187073941

この記事へのトラックバック