2019年07月19日

遺影 曇り時々あめ後はれ(19℃)

久しい都会の風に吹かれ、二日ぶりに帰還した。
 叔母の祭壇に飾られた遺影に、いろいろ語りかける。
朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり♪とはいえ、悲しい。
 人生100年の時代を迎え、設計図を塗り変えよう。
愛車と一緒の往復700キロの旅が、新しい出会いを生む。
 今夜のワインの調べは酔いを知らない。

190719.jpg
札幌にて、手稲山かな?

posted by かずさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記