2019年01月17日

辛抱 晴れ(マイナス15℃)

寒波が北海道を包み、北の最果て網走は、なまらしばれる。
 すき間だらけの我が家に、容赦なく冷風が吹き込む。
水道管が凍ってしまわぬように、就寝前に水落としした。
 内地(本州)の人たちには、分からぬ北国の暮らしがある。
故郷あばしりの冬は、いよいよ本格的になり、辛抱が必要だ。
 どうせオイラの行く先は、その名も網走番外地♪

190117.jpg
いつものメルヘンの丘で
posted by かずさん at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月16日

後悔 晴れ(マイナス8℃)

沖合の流氷が、陸の様子をうかがいながら近づいてくる。
 しばれる気温に誘われ、間もなく流氷接岸初日を迎える。
大海原が大雪原に変わり、山も大地も冬の眠りにつく。
 盛者必衰♪横綱「稀勢の里」が引退を表明した。
結果がすべて、勝負の世界の過酷さを思い知る。
 「一片の後悔もない」と言いながら、目に悔し涙がにじむ。

190116.jpg
まったり湯に浸かり人生の無常を想う
posted by かずさん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月15日

記憶 曇り(マイナス5℃)

二日酔いに加え怠惰な心が、朝の起床をぐずる。
 流氷が接近しているおかげで、しばれが厳しい。
左眼を労わるサングラスを紛失してしまった。
 認知症予備軍が、物忘れに拍車をかける。
忘れたい記憶はいつまでも残り、大切な事は忘れる。
 ままならぬ人生が憎い。

190115.jpg
二日酔いを誘った昨夜の差し入れ
posted by かずさん at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月14日

馬鹿 晴れ(マイナス10℃)

ストーブを全開にしても、居間(30畳)と寝室(8畳)が暖まらない。
 高校の後輩が訪れ、好物のワインとコーヒーを差し入れしてくれた。
遠くの縁者より近くの他人♪気遣いがとても嬉しい。
 よせばいいのに♪公募「芸術文化公演事業」に企画書を提出する。
仲間たちを巻き込み、また忙しい一年にしてしまいそうだ。
 馬鹿は死ななきゃなおらない♪


網走市成人式
posted by かずさん at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月13日

吸収 雪のち曇り(マイナス9℃)

平年より8日、昨年より15日早く流氷初日を迎えた。
 連日の北風が、一週間も早く冬の使者を連れてきた。
午後から、網走市成人式の会場を取材する。
 少子高齢化の影響か、年々出席者が減少している。
苦学生だった当時は帰郷できず、成人式の経験がない。
 新成人たちに交り、若いパワーを吸収してきた。

190113.jpg
網走市エコーセンター2000で成人式
posted by かずさん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月12日

JR 雪(マイナス8℃)

だんだん、先輩や同期、後輩の訃報が多く届くようになった。
 東京五輪までと思いつつ、もっと先まで長生きを企む。
終活がまとまらないので、まだ人生を投げ出すわけに行かない。
 JR釧網本線の流氷観光列車は、2月2日から運行開始だ。
今年の「流氷物語号」は、3月3日まで網走~知床斜里駅間を往復。
 単独で維持困難なJRを地元ボランティアが支える。

170302.JPG
今年も走るJR「流氷物語号」
posted by かずさん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月11日

帰途 雪のち曇り(マイナス8℃)

流氷は、網走市沖110キロまで南下してるという。
 沿岸から確認できる「流氷初日」は例年通り。
観光船お〜ろら号が運航開始する20日前後になるようだ。
 吹雪の運転で北見市まで通院、左眼の診察を受けた。
回復の兆しあり、次回の治療は二週間後になった。
 帰途、右眼のがんばりに豪華ランチで報いる。

190111.jpg
北見市の某レストランでランチ
posted by かずさん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記