2017年02月28日

友人 快晴(マイナス5℃)

JR釧網線の存続を求めるボランティア活動が最終日になった。
 流氷観光を楽しむ「流氷物語号」の最後の列車に、乗車する。
青い海に白い流氷、青い空に白い知床の山々が素晴らしい。
 都会の友からメールが届く。
テレビで、網走の冬景色を放映してるという。
 いつも気にかけてくれる友人の心配りが嬉しい。


さよなら流氷物語号
posted by かずさん at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月27日

浮世 快晴(マイナス9℃)

オホーツクブルーの空が眩しくて、目を覚ます。
 藻琴山から、知床連山と屈斜路湖の絶景を楽しむ。
隣国の暴挙が、さまざまな憶測を生み、物議をかもす。
 米国大統領の言いたい放題のツイッターが止まらない。
アカデミー賞の授与式で、とんでもない間違いがあった。
 何があってもおかしくない浮世に戸惑う。

170227.JPG
久しぶりの美幌峠に心を洗われる
posted by かずさん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月26日

安泰 晴れのち曇り(マイナス10℃)

晩酌の酒が子守唄になり、うたた寝する。
 南風に押し戻された流氷が、沖で陸の様子をうかがう。
しばれる気温が、北風の力を借りて流氷を連れて来る。
 冬観光の主役の到来に関係者は一喜一憂する。
農業と漁業の安泰に観光が加われば、鬼に金棒だ。
 たかが流氷♪されど流氷♪

170226.jpg
様子をうかがう流氷(帽子岩)
posted by かずさん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月25日

自慢 快晴(マイナス2℃)

雪がピタリと止んで、オホーツクブルーの空が広がる。
 流氷観光砕氷船に乗り、流氷が浮かぶ海へ繰り出す。
訪れた親友夫婦は、故郷の流氷が50年振りだという。
 網走大好きな仲間と、網走初めての人たちが集まった。
世界自然遺産の羅臼岳、海別岳、斜里岳、知床連山が眩しい。
 幻想的な美しい冬景色が、故郷の自慢だ。

vs170225-001.BMP
流氷観光船お〜ろらからオホーツクの流氷
posted by かずさん at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月24日

期待 吹雪(マイナス5℃)

未明から降り続いた積雪が、玄関先で除雪を催促する。
 両足の踵(かかと)にできた、あかぎれが痛い。
母さんのあかぎれ痛い♪生みそをすりこむ♪
 確定申告(e-tax)のPC送信が完了し、還付金に期待する。
根雪もとけりゃ♪もうすぐ春だで♪おまえもがんばれよ♪
 頑張ってはいるが、独居老人の暮らしは楽にならない。

170224.JPG
友人夫婦の出迎えで女満別空港へ
posted by かずさん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月23日

本当 曇り(マイナス3℃)

理解されていないが、誤解ではない、適切な対応に戸惑う。
 双方にそれなりの言い分があり、公平な仲介は難しい。
どちらにも、憎まれないようにする偽善に責められる。
 義理を欠き、礼をかき、恥をかく勇気を持とう。
後輩が差し入れてくれた高級ワインで、長い夜をやり過ごす。
 人の本当の心の中は♪目に見えない♪

170223.jpg
後輩から差し入れのワインが嬉しい
posted by かずさん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月22日

映画 晴れ(マイナス5℃)

久しぶりに、目覚めの良い朝を迎える。
 昨夜の北風に押され、流氷がしっかり接岸したという。
冬景色を楽しみに訪れる人々に、おもてなしの心を伝えたい。
 吉永小百合主演の映画「北の桜守」が、来春に全国公開される。
ロケ地網走に、主演女優ほかスタッフがやって来た。
 映画のメッカとして故郷創生を企てたいが、どうだろう?

170222.JPG
オホーツク海に一番近い駅(北浜駅)

posted by かずさん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記