2019年07月16日

記憶 晴れ(17℃)

早起きは三文の徳♪いつもより少し長生きした気がする。
 読書、「花の十郎太」(柴田錬三郎著)に出会う。
FM放送から流れるワルチング・マチルダに勇気をもらう。
 札幌市に住む叔母が100歳を超えて亡くなった。
カズ坊と呼ばれ、可愛がってくれた幼い頃の記憶がよみがえる。
 明日の通夜と明後日の告別式に駆け付けることにした。

190716.jpg
得した早起きで、花の十郎太に出会う
posted by かずさん at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月15日

健闘 曇り後はれ(13℃)

夢だった列島周遊の旅に、知人夫婦が車で発った。
 古希を過ぎ、元気なうちに、昔からの夢を叶えたい。
道内を巡り、月末に函館から青森ねぶた祭へ向かう。
 つばぜり合いを演じたウインブルドンは爽やか。
勝者も敗者も、4時間57分に及ぶ健闘を讃え合った。
 足の引っ張り合いを演じる政治の世界と違う。

190715.jpg
いつものコインランドリーで、どっさり洗う
posted by かずさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月14日

熱戦 雨(14℃)

北北海道大会で北見支部代表の2校は惜敗した。
 北見北斗は帯広北、母校は武修館に敗れる。
両校とも好投手を擁し、ベスト8入りできた試合だった。
 ウインブルドンテニス決勝はフェデラーとジョコビッチの対戦。
互いに譲らず優勝を狙う両者の戦いは見事だ。
 アスリートの熱戦に引き込まれ、寝不足になる。

190714.jpg
雨に打たれる網走湖
posted by かずさん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月13日

合掌 雨のち曇りのち雨(15℃)

晩酌の赤ワインをスペイン産からフランス産へ変える。
 値段は200円ほど高い。
ブドウはカベルネ・ソヴィニヨン、輸入者はサントリー。
 長らく生き延びていると、思いがけない出会いがある。
人も酒も、書物も音楽も、みな同じで有難い。
 お盆に降りてきた先祖の霊に合掌する。

I190713.jpg
先祖代々の墓
posted by かずさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月12日

遺骨 曇り(14℃)

Youtubeから流れるジャズを聞きながら日が暮れる。
 初めて聴く音楽との出会いが嬉しい。
棚経と墓掃除が終わって、明日はいよいよ墓参りだ。
 先祖代々の墓を継承する後継者が居ない。
墓をたたんで、遺骨を寺に預ける檀家が増えてるという。
 歳を重ねると心配事が多くなるものだ。

190712.jpg
花屋の店先で
posted by かずさん at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月11日

煩悩 晴れ(15℃)

いつの間にか始まった大相撲名古屋場所はもう5日目だ。
 風邪気味の身体に、玉子酒とニンニクを流し込む。
風邪の症状はまず、鼻と喉に表われるから分かりやすい。
 早期発見と治療により、体調を万全に保つ。
仏壇に供えた「黒かりんとう」を頂き、飢えをしのぐ。
 ひと足早い網走市のお盆に、墓参りして煩悩を払おう。

190711.jpg
母親が大好きだった黒かりんとう
posted by かずさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月10日

実力 曇り(11℃)

家の周りに参院選候補者の看板が立ち並ぶ。
  珍しく訪問客ゼロの一日になった。
ゆっくり、与野党のTV政見放送を視聴する。
 メジャーリーグのオールスターゲームが始まった。
1回だけの登板で日本人投手が初勝利を記録した。
 勝負の世界に運がつきまとう、運も実力のうちだ♪という。

IMG_20190707_103509.jpg
噴煙を上げる川湯・硫黄山
posted by かずさん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記